女性専用・プラネタリウム完備

睡眠改善・不眠症改善:睡眠時間について☆ | 久留米の睡眠改善専門店 healingsalon 心

睡眠改善・不眠症改善:睡眠時間について☆ 睡眠改善・不眠症改善:睡眠時間について☆

2020年10月10日 コラム

こんにちは、ヘッドマイスター&睡眠コンサルタントの久間です(^^)
前回は、睡眠とはという内容にて、睡眠は生きることに不可欠である事・睡眠の質を高める事が大切である事をお話し致しました。
今回は、その睡眠の質を高める為の「睡眠時間」についてお話したいと思います。

「睡眠時間」・・・
皆さんは、睡眠にどのくらいの時間を費やしていますか?

睡眠時間とは、お布団に入って目が覚めるまでではなく、眠りについて目が覚めるまでの時間を指します。
文化や習慣によって人それぞれ睡眠時間は異なり、毎日変化しています。

では何時間睡眠が理想なのでしょうか・・・

近年の生活習慣病に関する調査においては、睡眠時間が極端に短い人に限らず、8時間以上の長い睡眠をとっている人でも、糖尿病のリスクが高まると言われています。

慢性的な睡眠不足の場合や、特に疲れている時はより質の良い睡眠が必要になりますが、長く眠れば良いという事でもありません。

上記に記したように人それぞれではありますが、あくまで目安として「6時間半~7時間半程度」の眠る時間をとるのが理想とされています。

睡眠時間を気にしすぎて、逆に眠れなくなるのは本末転倒なので、あくまでも目安として捉えて頂ければと思います。

しっかり眠る為には、周囲の環境も大切ですよね(^-^)
パートナーのいびきや寝言、寝返り、寝相の悪さ、隣人からの騒音、自身の精神状態でも左右されたりします。

とっても幸せな日は、ぐっすり眠れます。
嫌な事があった日は、お布団の中で思い出して苛々してしまったり、負のスパイラルで眠れなくなる・・・私も幾度となく経験済です(^^;

眠れない!って時は、無理に眠ろうとせず、本を読んだり音楽を聞いたりしてまったりとした時間をとると、自然と眠くなってきますよ。

コツとして、なるべく難しい本を読む事、クラシックやオルゴールバージョンの音楽などを聴くのが良いです♪
眠る前は、ノンカフェインの温かい物を飲んで過ごしてみてくださいね。
脳がリラックスできるので、質の良い睡眠をとる事ができます。

今回はここまで。

次回は、「睡眠周期」についてのお話になります。お楽しみに~☆

write:睡眠改善専門店 healingsalon 心

こちらもおすすめ

公式アプリのイメージ画面

公式アプリ

当サロンの公式アプリが誕生しました。
公式アプリのご利用ならクーポンやポイントなどお得な特典がありますので、ぜひダウンロードしてご利用ください!

  • Download on the App Store
  • Google Play で手に入れよう
QRコード
公式アプリのイメージ画面